私とDo 特別編BACK NUMBER

<SF作家の「自転車」論> 高千穂遙 「体型も作風も変わった」 

text by

柳橋閑

柳橋閑Kan Yanagibashi

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2011/09/01 06:00

<SF作家の「自転車」論> 高千穂遙 「体型も作風も変わった」<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

「旨いものを探して走りに行くのも醍醐味のひとつ」

週3回はロード練習。
「私にとってロードバイクは純粋に速く走るためだけの道具。週3回60kmずつのトレーニングと、ヒルクライムのレースで使っています」(スペシャライズド S-ワークス ルーベ SL3)

 そこでおもしろい人たちに出会ったことがきっかけになって、『ヒルクライマー』という小説も書きました。さらに、雑誌で競輪の連載を始めてから、この魅力的な連中のことをもっと書きたいと思って、現在は競輪小説を書き下ろし中です(※その後、『グランプリ』と題して早川書房より刊行された)。

 レースや練習だけでなく、仲間と高尾山に行って蕎麦を食べたり、旨いものを探して走りに行くのも醍醐味のひとつですね。いくら食べてもすぐにカロリーを消費するから、自転車は食べ歩きツアーには最適なんです。

 とにかく自転車には飽きるということがない。ただ、誰でも乗れるとはいえ、ロードバイクはクルマでいえばF1のようなもの。とにかくスピードが出ますから、初心者の人は交通法規を覚えて、いやでも手信号をすることが大事です。マナーを守って、走りやすい道を探して、とにかく乗ってみてください。間違いなく楽しいですから。

              ◇    ◇    ◇

◆高千穂遙さんへのQ&A
    1951年11月7日、愛知県生まれ。『ヒルクライマー』『グランプリ』など、自転車に関する著書も多数

ママチャリも自分仕様に。
「日常の足は改造ママチャリ(ミヤタ アルミスター)。これで自宅のある調布から御徒町や大宮まで買い物にも行きました。さすがに大宮は遠かったですけど」

Q1 どのくらいの頻度で乗っている?
ロードは月・水・金にトレーニングで60kmずつ。

Q2 自転車を始めたきっかけは?
高血圧、高脂血症、肥満で生活習慣病になりかけて。

Q3 自転車に乗って変わったことは?
健康診断の数値はよくなり、20kg以上痩せて容貌は別人に。小説の題材まで自転車になってしまいました。

Q4 自転車に乗る日のタイムスケジュールは?
5時半に起床し原稿執筆。9時頃に中断してロードバイクで3時間ほど走るか、ローラー台を2時間ほど。

Q5 今後の目標
ヒルクライムに年1回は出場し続け、60代の部で上位を狙いたい。ロードレースの小説も書きたいですね。

Q6 お気に入りコース
尾根幹(南多摩尾根幹線)。

ランニング特集 第2弾100人が語るRUN!

Sports Graphic Number Do 2011 April

ランニング特集 第2弾
100人が語るRUN!

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高千穂遙

他競技の前後のコラム

ページトップ