SCORE CARDBACK NUMBER

西岡利晃は現代の聖地で
メキシカンを倒せるか。
~世界Sバンタム級王座を懸けて~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/08/27 08:00

西岡利晃は現代の聖地でメキシカンを倒せるか。~世界Sバンタム級王座を懸けて~<Number Web> photograph by AFLO

これまでの45戦で、メキシカンとは9度戦い無敗。西岡自身も「得意です」と語っている

 ラスベガスは現在世界ボクシングの「聖地」であり「首都」である。'60年代前半まではMSG(マジソンスクエアガーデン)を抱えるニューヨークが王者だったが、'80年代以降はすっかりその座を取って代わられた。今や大試合の舞台はMSGよりMGMグランドである。

 ラスベガスにはボクシングがよく似合う――とひらめいた興行師たちはなんと抜け目のなかったことか。巨大カジノ・ホテルの大集客手段として、次々とメガ・ファイトが組まれ、注目の好カードはそのまま賭けの対象ともなる。ボクサーの誰もがここで戦いたがる時代である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 689文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

覇者たちの夏。~甲子園 最強高校伝説~

関連記事

西岡利晃
ラファエル・マルケス

ボクシングの前後の記事

ページトップ