SCORE CARDBACK NUMBER

ルール改定問題をかわした
フェラーリの記念碑的勝利。
~アロンソの浮上が意味するもの~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/07/21 06:00

ルール改定問題をかわしたフェラーリの記念碑的勝利。~アロンソの浮上が意味するもの~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

アロンソの優勝は昨年の韓国GP以来となる。首位ベッテル(右)とのポイント差は92点に

 フェラーリが中盤の最重点レースに挙げていた第9戦イギリスGPで、F・アロンソがレッドブル勢に大差をつけ優勝した。最速ラップもマークし、終盤に見せたスピードは力強いものであった。

 彼の今季初勝利は自身27勝目、歴代5位のJ・スチュワートに並ぶものだ。フェラーリのF1初勝利は60年前の'51年、まさにここイギリスGPだった。記念の地での216勝目は、さまざまな意味を持つ貴重な勝利である。

 大改装されたシルバーストーン、シリーズ折り返し点に待ち構えていたのは、冷たい雨とルール改定問題による大混乱だった。連日のウェットコンディションは実に9年ぶりで、決勝も直前に降った雨でインターミディエイトタイヤでのスタートとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

非エリートの思考法。~乱世を生き抜く力をつけろ!~

関連記事

フェルナンド・アロンソ
セバスチャン・ベッテル
マクラーレン
レッドブル

F1の前後の記事

ページトップ