なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

なでしこジャパン、歓喜の決勝進出。
スウェーデン戦での意外な選手起用。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byMaurizio Borsari/AFLO

posted2011/07/14 12:35

なでしこジャパン、歓喜の決勝進出。スウェーデン戦での意外な選手起用。<Number Web> photograph by Maurizio Borsari/AFLO

1993年のアジア女子選手権で代表デビューした澤穂希。その後、北京五輪を含む3回の五輪出場、スウェーデンW杯から5回連続の女子W杯出場という偉大な記録を持つ

「ここまできたら優勝しかないと思っている」(安藤)

「ここまできたら優勝しかないと思っている。優勝カップ、掲げたいですね。ドイツを倒したときのように、いちども勝っていないアメリカとこの舞台で戦えるなんて。このメンバーで、このタイミングで倒すしかないと思っている」

 と、安藤は笑顔を見せた。

 もちろん、代表を支え続けて来た澤の思いは更に強い。

「夢にまで見たワールドカップでのメダルです。ずっと目標にしてきましたから。今でも現実じゃないんじゃないかと思う。さらに決勝でアメリカと対戦できるなんて夢みたい!! 本当にずっと負け続けてきた相手ですし、でもチャンスはあるとおもうので」

 と声を弾ませる。

 ベスト4を目指した北京五輪での4位から3年。

 優勝を目指した今大会で、彼女たちはもしかしたら望み通りの結果を手に入れるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
澤穂希
川澄奈穂美
安藤梢

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ