詳説日本野球研究BACK NUMBER

強豪校が集結する夏の甲子園、
“夢のカード”の実現なるか。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph bySPORTS NIPPON

posted2009/07/24 11:30

強豪校が集結する夏の甲子園、“夢のカード”の実現なるか。<Number Web> photograph by SPORTS NIPPON

“埼玉のダルビッシュ”と呼ばれる春日部共栄の中村勝。最速143kmのストレートにスライダー、カーブ、フォークのキレもよく、狙って三振の取れる大型右腕だ

出場校が“野球の神様”によってのみ選ばれる夏の甲子園。

 一方、夏の甲子園大会はセンバツと異なり、実力で都道府県大会を勝ち抜いた学校だけが聖地・甲子園球場に足を踏み入れることができる。そこには運はあっても、情実は一切ない。いわば主催者は、出場校が“野球の神様”に愛されているか否かという審判を仰がなければならないのである。

 7月23日現在、既にセンバツ優勝の清峰(長崎)をはじめ、慶応(神奈川)、鵡川(北海道)、福岡大大濠(福岡)、神村学園(鹿児島)といった強豪校が姿を消している。清峰の今村猛や慶応の白村明広のピッチングを甲子園で見ることはできない。一発勝負の地区予選では本命が敗れ、伏兵が勝ち上がることもある、何が起こるか分からないスリリングさが、夏の大会を盛り上げる要素となっている。

 センバツ決勝の再戦となる清峰対花巻東戦や、早稲田実対慶応による甲子園史上初となる早慶戦は夢に終わったが、超高校級スラッガー筒香対剛腕・菊池が激突する横浜対花巻東戦、さらには横浜対春日部共栄戦、花巻東対中京大中京戦のようなカードを主催者側は期待するであろう。センバツ決勝には剛腕対決以外に、優勝未経験同士の戦いという側面もあった。そういう予定調和ではない対決こそ夏の甲子園大会の醍醐味と言ってよく、筆者も見てみたい。

関連記事

BACK 1 2
中村勝
河野元貴
鬼屋敷正人
白村明弘
菊池雄星
今宮健太
今村猛
筒香嘉智

高校野球の前後の記事

ページトップ