SCORE CARDBACK NUMBER

深紅の大旗は今年こそ
「白河の関」を越えるか。
~甲子園の注目株、菊池雄星~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/07/21 06:00

深紅の大旗は今年こそ「白河の関」を越えるか。~甲子園の注目株、菊池雄星~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

春のセンバツでは40イニングで3失点と好投。今秋のドラフト1位候補として注目が集まる

 '99年から今年までの甲子園を振り返ると、それまで春、夏とも優勝したことのない4道県から優勝校が輩出されている。'99年春の沖縄尚学、同年夏の桐生一(群馬)、'04年夏の駒大苫小牧(北海道)、そして'09年春の清峰(長崎)だ。

 それ以前の'89 ~'98年の10年間を見ると、'94年夏の佐賀商、'96年春の鹿児島実の2県のみ。さらに遡って'79 ~'88年の10年間では、'84年夏の取手二(茨城)、'86年夏の天理(奈良)の2県だけだ。野球技術が全国的に向上していると実感するのは、著者だけではないはずだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 681文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創立75周年記念特集]ジャイアンツ 「常勝帝国の新次元」

関連記事

菊池雄星
今村猛
辻内崇伸

高校野球の前後の記事

ページトップ