オリンピックへの道BACK NUMBER

新戦力に沸くショートトラック。
注目株は20歳の若き女王・桜井美馬。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/01/03 08:00

新戦力に沸くショートトラック。注目株は20歳の若き女王・桜井美馬。<Number Web> photograph by KYODO

ショートトラック五輪代表選手たち。左から小沢美夏、伊藤亜由子、桜井美馬、酒井裕唯、貞包紘子。小沢だけはソルトレークシティとトリノの2つの五輪に出場している

まずは決勝進出が目標。若き情熱家の挑戦に期待したい。

 日本のショートトラックは、1992年のアルベールビル五輪男子5000mリレーの銅メダル、98年長野五輪男子500mでの西谷岳文の金メダルと植松仁の銅メダルがあるが、以後、メダルからは遠ざかっている。女子は、今までメダルを獲ったことがない。

 桜井は今シーズンのワールドカップでも、4大会に出場しているが、まだ決勝進出は果たしていない。まずは決勝進出が目標であり、桜井本人も世界で戦うためには課題がまだ多いと語っている。

 だが、中学卒業とともに親元を離れ勉強、練習、家事をこなし、コーチに食らいついた努力と情熱の持ち主である。

 再び、課題をクリアしようと、突き進むに違いない。

「記憶にあるのは長野五輪です」

 以来、出場する日を夢見てきたという大舞台で、どのような滑りを見せるか、楽しみである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

桜井美馬
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ