オリンピックへの道BACK NUMBER

現役復帰を決意した萩原智子が
“空白の5年間”で得たもの。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJun Tsukida/AFLO SPORT

posted2009/06/21 06:00

現役復帰を決意した萩原智子が“空白の5年間”で得たもの。<Number Web> photograph by Jun Tsukida/AFLO SPORT

山梨学院の職員として復帰したハギトモ。復帰戦で次の日本選手権出場を決めたので、さらに代表入りを狙う

「また戦いたい」。萩原を奮い立たせた北京五輪。

 転機となったのは、昨年の北京五輪のことだった。選手たちの泳ぐ姿に、「また戦いたい」という思いが募ったのだ。昨年10月に練習を開始し、臨んだのがこの日だった。

 萩原は自由形100mと50mに出場。最初の種目100mは54秒49。自己記録に迫るタイムであり、前半は日本記録を上回るペースだった。

「正直、こんなにいいタイムが出るなんて」

 と、本人も驚きを隠せなかったが、見る者にとっても、あらためて萩原の力を知らされる泳ぎだった。

プールを離れたからこそ見えてきたものがある。

 レースのあと、こんなことを言った。

「(以前と違い)まわりが気にならなくなりました。前は記者やカメラマンの人が嫌だったんですけど、北京五輪のときに記者の人と一緒にいて、選手のことを応援してくれているんだと分かったんです」

 かつての萩原は、もてる力をいかしきれずにいた感がある。だが、心理的な面で変化した今後は、おそらく以前と同じではないはずだ。

 自由形の50、100mで挑み続けると言う萩原は、「日本代表に戻りたい」「この夏には日本記録を破るくらいじゃないと」と語る。

 大器が、楽しみな選手が、プールに戻ってきた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

萩原智子
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ