プロ野球亭日乗BACK NUMBER

蘇った「7番=お掃除屋」論。
阿部慎之助が若手を成長させる! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/01/02 08:00

蘇った「7番=お掃除屋」論。阿部慎之助が若手を成長させる!<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

日本シリーズMVPに輝くなど大車輪の活躍をみせ、契約更改では今季から8000万円増の3億5000万円のベースの3年+1年オプション付きの複数年契約を締結。取得したFA権を行使せず残留する主将は“生涯巨人”を明言した

「7番には慎之助がいる」と原監督は絶大なる信頼を寄せる。

「慎之助にはクリーンアップを打てる力があるし、実際に今年も何試合か任せたことがある。ただ、捕手というポジションで打撃への負担を軽減すること。そして彼の勝負強さを今のチーム環境の中でどう生かしていくかと考えた末に、あの打順を任せた。僕の中では最強の7番打者だと思っている」

 という原辰徳監督は続けた。

「2010年は8番を若手の打順にしたい。坂本を使ったように若い選手をここに入れて経験を積ませる打順にできれば、もう一歩、先につながる打線になるはずです。ただ、そのオーダーが組めるかどうかは1番から7番までが、8番をどこまで支えられるかにかかってくる」

 この構想ではもちろん7番までの打線の得点力がどれぐらい上がるかだ。ただ、やはり8番を育てるカギは、その前を打つ7番にかかるのは火を見るより明らかとなる。

 そう考えると――。

「7番には慎之助がいる」

 指揮官の絶大な信頼こそが、この新打線構想の核であることも間違いない。

関連記事

BACK 1 2
阿部慎之助
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ