ベースボール・ダンディBACK NUMBER

“魔将”ガイエルの超能力?
ヤクルトの大砲が見せる職人芸。 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/07/08 13:30

“魔将”ガイエルの超能力?ヤクルトの大砲が見せる職人芸。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

大砲にして補殺数リーグトップという“魔将”の真の姿。

表1●セ・リーグ外野手、各年度レンジファクターTOP3
 2006年   試合   刺殺   補殺   失策   獲得アウト   RF 
 青木宣親(ヤクルト)   146   306   9   5   315   2.16 
 赤星憲広(阪神)   141   277   12   2   289   2.05 
 福留孝介(中日)   129   251   7   1   258   2.00 
 2007年   試合   刺殺   補殺   失策   獲得アウト   RF 
 ガイエル(ヤクルト)   142   274   6   6   280   1.97 
 金城龍彦(横浜)   137   257   10   4   267   1.95 
 青木宣親(ヤクルト)   143   265   6   1   271   1.90 
 2008年   試合   刺殺   補殺   失策   獲得アウト   RF 
 青木宣親(ヤクルト)   112   229   7   1   236   2.11 
 吉村裕基(横浜)   140   251   11   2   262   1.87 
 アレックス(広島)   141   249   6   3   255   1.81 
 ガイエル(ヤクルト)   59   106   5   0   111   1.88 
※ 2008年のガイエルは参考記録

 まず'07年。レンジファクターのリーグ1位はガイエルである。抜群の守備範囲を誇るチームメイトの青木宣親よりも多くのアウトを獲得しており、ライトでRF1.97はきわめて優秀な数値だ。そう、魔将ガイエルは守備がうまい。

 この年はヤクルトのレフトに守備力ワーストのラミレス(現巨人)がいたため、センターの青木がレフト寄りに守り、その分、ライトのガイエルの刺殺が増えたのではないかという推論もある。

 '08年のガイエルは右ヒジのケガによる打撃不振で、一軍と二軍を行ったり来たりのシーズンだった。そのため出場試合数が少なく、守備記録も参考程度にしか扱えないが、それでもRFは1.88。結局シーズン終盤に右肘の手術をすることとなる。

 途中交代の試合も少なくなかったため、守備イニングで計算する本来のRFはもっと高く、2.0を超えている。この年すでにラミレスは巨人に移籍しており、2007年にささやかれた説は当てはまらない。

 そして今季'09年。7月7日終了時点のセ・リーグ外野手・補殺ランキングが表2だ。

表2●セ・リーグ外野手、2009年・補殺数ランキング(7月7日現在)
 1   ガイエル(ヤクルト)   7 
 2   和田一浩(中日)   5 
 3   青木宣親(ヤクルト)   4 

 ここでもガイエルは、快調にトップを走っている。3年間でこれだけのデータが揃うのであれば、誰も文句をつけられないだろう。

7月7日に7個目の補殺を決めるイキな男。

 その最新の補殺が、昨日7月7日の中日戦、中田賢一の打球を「ライトゴロ」に仕留めたプレーで、今季7個目。打球に対して猛然とダッシュし、クイックな動作から糸をひくような送球で強肩を見せつけた。七夕の夜に7個目の補殺を決めてスリーセブンを並べるなんて、魔将のやることはとことんイキだ。

 ちなみに7つの補殺のうち、ライトゴロは早くも3つめ。4月4日の阪神戦、4月23日の巨人戦に続くもので、さらに同じ試合であわやもう1つライトゴロを追加しそうな場面もあった。

 最終スコア12対1という中日勝利のワンサイドゲームの中でも、ライトゴロ補殺という高校野球のようなプレーに対し常に準備しているガイエルの真面目な姿勢は、「おもしろ外国人」の範疇におさまるものではない。ガイエルの守備記録が毎年優秀なのは、たまたまでもなければ、魔空間の影響でもなく、必然の結果なのだ。

 ライトスタンドの上段へ飛び込むホームランも美しい。さまざまな不思議現象も楽しい。しかし、練習熱心で知られ、決して手を抜かないガイエルの真摯なダンディズムは、そんな守備のちょっとした一動作にさえもにじみ出ている。 

 空間を歪めると噂されて人気者になったこのカナダ人のハートは、どこまでも真っ直ぐだ。

関連記事

BACK 1 2
福留孝介
吉村裕基
金城龍彦
青木宣親
赤星憲広
アーロン・ガイエル
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ