Number ExBACK NUMBER

ブラジル代表密着記 「ドゥンガが吼え、ロビーニョが笑う」 

text by

藤原清美

藤原清美Kiyomi Fujiwara

PROFILE

posted2007/07/26 23:53

ドゥンガvs.メディア、仁義なき戦い。

 監督になってからの苦労を、ドゥンガに聞いたことがある。

 「セレソンの監督というのは、問題が起こらない日がない。やることなすこと問題になる。たとえば選手のポジションを変えた。問題になる。ある選手を選ばなかった。問題になる。背番号を決めた。問題になる。何をやっても論争だ。いつでもすべてに注意を払っていないといけない。でも、プライオリティはいつも『セレソン』にある。他の人から何を言われるかなんて重要じゃない。私が考えるべき大事なことは、セレソンにとって、何が一番良いかだ」

 ドゥンガはそもそも、メディアと仲良くやろうなんて思っていない。だから、記者会見のたびに両者の間で口論となる。

 記者「あなたが招集する選手は、大半がヨーロッパ組です。国内で選手を発掘する気はないんですか?」

 ウンザリ顔のドゥンガがこう返す。

 「国内で若手を発掘しても、クラブがすぐに外国に売ってしまうだけのことだ。マルセロはフルミネンセにいたが、レアル・マドリーに売られてしまった。ラファエル・ソビスはインテルナシオナルにいたが、ベティスに売られてしまった」

 コパ・アメリカの事前合宿では、「紅白戦の回数が少ないのでは?」という質問が相次いだ。練習法をとやかく言われ、さすがのドゥンガもキレた。

 「あんたらもピッチでやってみればいい。そうすれば、ミニゲームがどれだけ効果的か、すぐに分かる!」

 こんなこともあった。練習後に会見の予定が組まれていたある日のこと、しかし、練習が終わってもドゥンガが一向に現れない。

 「なんでドゥンガは来ないんだ!」

 記者が声を荒らげ始めたころ、ドゥンガはジョルジーニョと一緒にジョギングをしていたことが判明。今度はメディアが反撃する番だ。生中継のラジオリポーターが、すかさずマイクを握る。

 「報道陣は全員スタンバイしている。ところがドゥンガが現れない。なんと! ドゥンガはジョギングだって?― なぜだ!― なぜ我々を待たせてジョギングなんだ!」

【次ページ】 主役はやっぱりロビーニョ。

BACK 1 2 3 NEXT
ドゥンガ
ロビーニョ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ