SCORE CARDBACK NUMBER

大関陣の不甲斐なさを示す
意外な数字。
~カド番大関・千代大海らの罪~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byJMPA

posted2009/05/22 06:01

大関陣の不甲斐なさを示す意外な数字。~カド番大関・千代大海らの罪~<Number Web> photograph by JMPA

 横綱に次ぐ階級であり、大相撲の屋台骨を支える立場の「大関」という地位。終盤まで優勝争いに絡み、場所を盛り上げる大役を担う大関陣の最近の凋落ぶりには、目を覆うばかりである。

 古書によれば、室町時代の強豪力士を「関」と称し、相手を全て破ることを「関を取る」といった。ここから関取という敬称が生まれ、大関とはこの関取のうち最も強い力士に大の字を付けたものであり、かつては相撲界の最高の地位であった。ちなみに英語で大関はチャンピオンと表されるが、今の大関陣にその面影は全く見られない。

 その惨状を示す数字がある。最近3場所の5大関の総成績は、210戦100勝。何と1場所平均は7勝をわずかに上回る程度で勝ち越しには遠く及ばない。2桁勝利は琴欧洲が2場所、日馬富士が1場所残したが、それも10勝止まり。入れ替わりでカド番を迎える昨今の大関陣には、一昔前の「クンロク(9勝6敗)大関」なる陰口すら聞かれなくなった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

魁皇
琴光喜
千代大海
日馬富士
琴欧洲

相撲の前後のコラム

ページトップ