SCORE CARDBACK NUMBER

外国人力士のパイオニア、
東関親方の定年退職。
~元関脇・高見山の偉大な功績~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/06/30 06:00

外国人力士のパイオニア、東関親方の定年退職。~元関脇・高見山の偉大な功績~<Number Web> photograph by KYODO

 そびえ立つような巨体に長いもみあげ、オレンジ色のまわし。強さと脆さの同居するパワフルな相撲に加え、愛嬌とユーモアあふれる仕草で絶大な人気を誇った元関脇高見山の東関親方が6月16日の誕生日で65歳定年を迎え、夏場所を最後に大相撲界に別れを告げた。

 19歳でハワイから単身来日し、力士で20年、親方として25年にわたり日本の国技を支えた東関親方は、今日隆盛を極める外国人力士のパイオニア的存在だった。

 アメリカ人らしい陽気さと同時に、異境での辛い修行に耐え忍ぶ姿は共感を呼んだ。肩で息をしながら泥まみれになって、ぶつかり稽古を何度も繰り返す姿。股割りの稽古の時に涙して述べたという名言「目から汗が出た」は、今でも語り継がれる。幕下時代に扁桃腺の手術を受けたが、翌日から稽古を再開。執拗な喉輪攻めを受けて声帯を痛めたため、独特なかすれ声になってしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相撲の前後のコラム

ページトップ