SCORE CARDBACK NUMBER

本命不在か?女子マラソン、勝負の行方。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/07/29 00:00

 アテネ五輪開幕がいよいよ近づいてきた。日本選手団すべての顔ぶれが決まり、史上初めて女子の人数が男子を上回ることが確定した。活躍が期待される女子の中でも、注目度No.1はやはりマラソンだろう。

 野口みずき(グローバリー)、坂本直子(天満屋)、土佐礼子(三井住友海上)の日本勢はそれぞれ海外で順調に調整を続けている。外国人のライバルたちも同様に最後の追い込みに入っているが、金メダルの最有力候補と見られていたキャサリン・ヌデレバ(ケニア)が、7月4日に行われた札幌国際ハーフマラソンで1時間10分52秒の5位と失速した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 657文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。
野口みずき
アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ