SCORE CARDBACK NUMBER

テニスの本質を無視した、性急な改革に意義アリ。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2006/09/14 00:00

テニスの本質を無視した、性急な改革に意義アリ。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 また改革? 「ホークアイ」というCGを利用した自動ライン判定システムの導入に続き、テニス界は新たに試合中のコーチング導入を検討している。

 WTA(女子テニス協会)は、8月中旬のツアー2大会で、コート上でのコーチングを試験的に導入した。テニスの個人戦は現在、外部からの指導を例外なく禁止している。会話だけでなく身振り手振りのサインもダメ。選手は、試合が始まったら、自身ですべての判断を行うことが義務づけられていた。

 しかし、今度のシステムは、基本的に1セットにつき1回、セット終了後に1回、事前登録したコーチを選手がコート上に呼んで指導を受けることができる。デ杯やフェド杯などの団体戦ではおなじみになったベンチコーチが、個人戦でも実現したわけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

テニスの前後のコラム

ページトップ