SCORE CARDBACK NUMBER

「夢はマスターズ」と言えるようになった。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2009/02/12 00:00

「夢はマスターズ」と言えるようになった。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 石川遼が、マスターズから特別招待を受けた。これで今年のマスターズに出場する日本人選手は、今田竜二、片山晋呉の3人となった。

 この3人は、ゴルフを始めた小学生のころから「夢はマスターズ」という目標があった。今田はマスターズのテレビ中継を見て、14歳で渡米を決心したし、石川も「20歳になったらマスターズで勝ちたい」と作文に書いていた。

 実は、これまでマスターズに出場した日本人で「小さい頃からマスターズが夢」と言った選手は、意外に少ない。世代でいえば丸山茂樹以降になる。それもそのはずで、マスターズがテレビ中継されたのは、1973年に尾崎将司が東洋人初の8位になってからだ。それも大会後に録画放送の権利を買っての放送だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[2009年の監督論]言葉力。

Sports Graphic Number 722

[2009年の監督論]
言葉力。

 

片山晋呉
今田竜二
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ