SCORE CARDBACK NUMBER

今田竜二はアメリカでなぜ生き残れたのか。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2009/01/16 00:00

今田竜二はアメリカでなぜ生き残れたのか。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 昨年末、フロリダ州タンパに行った。寒い冬の日本と違って、太陽が照りつけ、肌が焼ける暑い冬だった。今田竜二に会うためである。

 取材で4日間一緒に過ごした。彼を評して、なるほど丸山茂樹が「ワンランク上のゴルフ」と言った意味がよくわかった。それは単にスイングの精度やテクニックだけではない。米ツアーでは、一打にシビアな勇気と決断を迫られる状況が、日本のコースよりも圧倒的に多い。つまり難しい。かつてマスターズで金子柱憲がこう言っていた。

 「グリーンがとてつもなく難しい上に、ピンの位置がさらに厳しいところに切られている。ちょっとミスすれば、ダブルボギーになる。そのリスクを避けて安全な場所を探して狙えば、パーがやっとで下手をすればボギーもある」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【完全保存版】清原和博

Sports Graphic Number 720

【完全保存版】
清原和博

 

関連記事

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ