SCORE CARDBACK NUMBER

超中学級だった逸材が、群雄割拠する今大会。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2008/07/24 00:00

 超高校級という言葉はよく聞くが、超中学級はあまり聞かない。しかし、そうとしか形容できない中学生が時として出現する。たとえば、3年前の甲斐拓哉(当時松本南シニア)がそうだ。中学生の硬式による全国大会、ジャイアンツカップでストレートの最速が142キロを記録し、関係者を騒然とさせた。地元・長野の東海大三高に進み、ようやく素質が全開したのが最終学年になった今年。春の県大会初戦、地球環境高戦で見た甲斐は想像以上に素晴らしかった。他校偵察隊のスピードガンが弾き出したストレートの最速は150キロ。快速球を前面に押し立てたパワーピッチングが持ち味で、これと比べて使う回数は少ないが横変化のスライダーと小さく落ちるツーシームらしき変化球を操り、打者にフルスイングを許さない。東浜巨(沖縄尚学高)や高島祥平(帝京高)でも及ばないストレートの威力は“高校球界ナンバーワン”と断言してもいいだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 544文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック総力特集]彼らが戦い続ける理由。
甲斐拓哉
勧野甲輝
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ