SCORE CARDBACK NUMBER

沖縄尚学エース東浜が持つ“野球頭脳”のよさ。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2008/07/10 00:00

 春の選抜大会優勝投手と言えば、沖縄尚学の東浜巨である。進化がめざましい現代の高校生でもツーシームを自在に操れる選手は少ない。東浜は縦変化とシュート変化で落ちる2種類のツーシームをモノにし、これに縦、横2種類のスライダーとカーブを加え、ただでさえ際立っているMAX147キロのストレートをさらによく見せている。

 プロ野球に目を転じても、ストレートを前面に押し立てるピッチングスタイルは、藤川球児(阪神)など1イニング限定のリリーフ投手に限られ、球界を代表するダルビッシュ有(日本ハム)、涌井秀章(西武)、成瀬善久(ロッテ)などの先発投手は、緩急を自在に操ることによって打者を圧倒している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

東浜巨
沖縄尚学高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ