SCORE CARDBACK NUMBER

沖縄が春・夏連覇?優勝狙う浦添商の伊波。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2008/08/07 00:00

 選抜優勝の沖縄尚学を破り、沖縄代表に輝いたのは浦添商である。エース・伊波翔悟は昨夏沖縄大会で、準々決勝から決勝再試合(決勝戦は11回降雨引き分け)まで4試合連続完投という鉄腕ぶり。また、今年春の九州大会は準決勝の鹿児島工戦の完封をはじめ4試合すべてに登板し、準優勝の原動力になった。

 ストレートの最速は超高校級右腕、東浜巨(沖縄尚学)をしのぐMAX148キロ。速いだけではない。スライダー、チェンジアップ、カットボール、ツーシームを交えたピッチングを身上とする。緩急のコンビネーションの冴えは「腕を振って内角にストレートを放れるからそういう変化球が生きてくる」(神谷嘉宗監督)という言葉からも判断できる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 614文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック直前特集]ニッポン最強宣言。

関連記事

伊波翔悟
斎藤圭祐
筒香嘉智
東浜巨
浦添商業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ