SCORE CARDBACK NUMBER

トップ2の明暗を分けた金曜と土曜の差。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2006/08/17 00:00

トップ2の明暗を分けた金曜と土曜の差。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 チャンピオンズ・バトルが激しさを増している。これでもかという速さを母国ドイツGPで見せつけ3連勝のM・シューマッハー。熱波が続くヨーロッパ、ホッケンハイムも前戦フランスGPに続いて“耐熱ゲーム”と化した。フェラーリはブリヂストンに思い切ったソフトコンパウンド・スペックをリクエスト。それがピッタリはまった。少しでも柔らかさが異っていたらタイヤトラブルが起きても不思議ではない、まさにチャレンジングなチョイスだった。

 ルノーとミシュランはチョイスに迷いがあった。ハードは硬すぎてタイムの出方が悪いばかりか、ライバルのフェラーリにスピードで劣る。ソフトはその点において対抗できるものの、高温状況でロングランし続けた場合の磨耗度合いで不安がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本には野球がある。Be Proud of Baseball

F1の前後の記事

ページトップ