SCORE CARDBACK NUMBER

G1でも圧倒的存在感。曙のプロレス専念を願う。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2007/09/06 00:00

G1でも圧倒的存在感。曙のプロレス専念を願う。<Number Web> photograph by Essei Hara

 8・12両国国技館。今年のG1は予想もしなかったIWGP前・現王者の決勝対決。棚橋弘至(30)が永田裕志(39)を必殺ハイフライ・フローで沈め、4・13大阪大会の雪辱を果たして初優勝を飾った。期待の中邑真輔(27)は準決勝で左肩鎖関節脱臼。思わぬアクシデントに見舞われ欠場したが、勝っても負けてもお客さんを喜ばせてくれたのは曙(38)だ。周囲にバケボノと言わしめ、圧倒的な存在感を見せてくれた。

 「やっぱりプロレスは楽しいですね。連戦はキツイですけど、一生懸命に歯をくいしばってやっていれば、みんなに伝わりますよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2010年 代表の旅。A Football Odyssey

Sports Graphic Number 686

2010年 代表の旅。
A Football Odyssey

 

曙太郎
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ