SCORE CARDBACK NUMBER

長寿番組『SRS』終了。UFC放映は嬉しいが……。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2008/09/04 00:00

長寿番組『SRS』終了。UFC放映は嬉しいが……。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 今秋、格闘技を取り巻くテレビ環境が大きく様変わりしそうだ。まずフジテレビ系の格闘技情報番組『SRS』が10月3日の放送を最後に12年半の長き歴史に終止符を打つ。SRSはK−1、PRIDEのプレビューを中心に番組を構成しながら、時にはキックボクシング、PRIDE以外の総合格闘技、空手にも目を向ける格闘技LOVEに満ちた姿勢には定評があった。

 格闘技好きな人気タレントを起用して、このスポーツを一般大衆に広めるという試みに挑んだレギュラー番組もSRSが初めてだった。今でこそ格闘技好きを公言する女性タレントは少なくないが、そのパイオニアはSRS初代メインキャスターの藤原紀香だろう。彼女が登場するまで女性タレントが格闘技を語ることはマイナスと見られていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

格闘技の前後のコラム

ページトップ