SCORE CARDBACK NUMBER

「第三の男」大矢就任で、横浜は変われるか。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/10/12 00:00

 横浜・牛島和彦監督が今季限りで退団し、後任は大矢明彦にほぼ決まった。補強を始め人事に関していろいろと要求の厳しかった前任者に比べ、ある素材で上手に調理するベテラン料理人に、横浜のフロントは再建を託したのである。

 監督の後任人事は、どこが主導するかで大きく変わってくる。横浜の場合、親会社主導なら、田淵幸一、佐々木主浩らTBS系の人物が入ってくる。横浜財界主導であれば、平松政次、斉藤明夫などのOBが候補になる。そしてフロント主導なら、過去の実績から大矢明彦、権藤博の名があがる。

 今回はフロント主導。2人の候補から、面白みはあるが何をやってくるかわからない権藤よりも、無難・安定路線の大矢を選んだというのが実際のところだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【永久保存版】F1鈴鹿。

Sports Graphic Number 663

【永久保存版】
F1鈴鹿。

 

大矢明彦
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ