SCORE CARDBACK NUMBER

杉山愛流が実を結び、遂に頂点が見えてきた。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2004/07/29 00:00

杉山愛流が実を結び、遂に頂点が見えてきた。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 ウィンブルドンの13番コートにいた。

 杉山愛の4回戦を前にして、9年前の同じコートに思いを馳せた。松岡修造が、日本男子として62年ぶりにベスト8進出を決めた思い出深いコートだった。今でもはっきりと覚えている。マッチポイントで、松岡のボレーを打つ手が震えていたこと、勝った瞬間、コート上を駆け回ったこと、その日からBBC(英国放送協会)が、毎夜、放送する大会特集の締めくくりに、常に松岡の歓喜の姿を流したことなど、昨日のことのようだ。もちろん、ベスト8という結果に喜んだ。しかし、それ以上に、松岡のテニスに対するひたむきな努力が報われたことが嬉しかった。杉山がベスト8入りを決めた瞬間、松岡の時と似た感情がわき上がった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。
杉山愛
クルム伊達公子

テニスの前後の記事

ページトップ