SCORE CARDBACK NUMBER

ウィンブルドンで大英帝国の逆襲なるか。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2004/07/01 00:00

ウィンブルドンで大英帝国の逆襲なるか。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 6月21日から2週間にわたり、英国でウィンブルドンが開催される。毎年、その期間は、英国中がテニス一色となり、日本と同様に地元選手の活躍に一喜一憂する。しかし、近代テニスが発展し、ウィンブルドンという世界最高峰の大会を開催しながら、英国は、長い間、地元選手の優勝から見放されている。特に男子シングルスは、決勝進出が1938年のオースチンが最後。優勝となれば、'36年のペリーまでさかのぼらなくてはならない。女子シングルスでも、'77年のウエードが決勝進出および優勝の最後の選手である。英国は、シングルスの決勝で、少なくとも26年間も地元選手を見ていないことになる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

PRIDE 2nd Round 「最強」に至る道。PRIDE 2nd Round
ティム・ヘンマン

テニスの前後の記事

ページトップ