SCORE CARDBACK NUMBER

清成のWSB初勝利は、8耐で掴んだ成長の証。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2008/08/27 00:00

清成のWSB初勝利は、8耐で掴んだ成長の証。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 清成龍一が、8月上旬に行なわれたスーパーバイク世界選手権(WSB)第10戦英国大会の第1レースで念願の初優勝を達成、第2レースで2勝目を挙げた。

 今年は、初めて経験するサーキットが多く、新型となったホンダCBR1000RRのセットアップにも苦戦。第5戦イタリア大会の第2レースで3位になったのを最高位に、予選、決勝ともに2桁に終わることが多かった。

 一方で、チームメイトのC・チェカは初めてのサーキットでも着実に優勝争いに絡む活躍を見せてきた。モトGPクラスを目指す清成にとって、チェカを超えられなければ次のステップはない。その試金石であり、結果的に大きなターニングポイントになったのが、7月末に開催された鈴鹿8時間耐久レースだった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

清成龍一
カルロス・チェカ
ホンダ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ