SCORE CARDBACK NUMBER

容赦なく狙われる、2006年の魔裟斗。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2006/01/26 00:00

容赦なく狙われる、2006年の魔裟斗。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 開催直前になって欠場者が相次いだ12・31 Dynamite!!」で、“中量級のカリスマ”魔裟斗(シルバーウルフ)が電撃復帰を果たした。昨年夏、マイク・ザンビディス(ギリシャ)との試合中に左足を骨折。その後はリハビリに励んでいた。当初は来る2月4日に開催される「K―1 WORLD MAX 2006〜日本代表決定トーナメント〜」での復帰を計画していたものの、年に一度のK―1祭りの一大事に、魔裟斗は重い腰を上げた。以前から「納得のいく調整期間がないと、試合は絶対に受けない」と公言していた魔裟斗だけに、今回のようにわずか10日間の調整でリングに上がるケースは珍しい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

魔裟斗

格闘技の前後のコラム

ページトップ