SCORE CARDBACK NUMBER

神戸のシーズンは終了。負けて誓った来季の雪辱。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2005/02/17 00:00

神戸のシーズンは終了。負けて誓った来季の雪辱。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 「久々に楽しかった。これだけ球を動かして勝ったのは……フラットラインを導入した年('99年度)以来かな? やってて嬉しくなってくるゲームでした」

 聞いてる方もハッピーになる台詞を口にしたのは1月23日、NECを破った神戸製鋼の元木由記雄だった。トップリーグでは前年の優勝から5位に転落。このマイクロソフト杯で優勝しなければ日本選手権にも進めずシーズン終了という瀬戸際の一戦に、元木はSOで登場。51―16の完勝にチームを導いたのだ。

 「負けたら終わりという危機感があるとやりやすい。トップリーグが終わってから戦い方の大枠を決めて、やっと良くなってきたんですよ。やっぱりある程度の型がないと、臨機の判断も何もないから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 654文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA Champions League]Strike New Europe

Sports Graphic Number 621

[UEFA Champions League]
Strike New Europe

 

ラグビーの前後の記事

ページトップ