SCORE CARDBACK NUMBER

鈴鹿から富士へ、新・日本GPプレビュー。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2007/09/20 00:00

 新富士スピードウェイが、20回続いた鈴鹿サーキットにかわって今年第15戦日本グランプリを開催する。決勝は9月30日。いままでよりも時期が早く、10月前に行われるのは初めて。この日程もそうだが、コース特性も鈴鹿とは全く違うタイプで、何もかもが変わってくる。

 '76年と'77年に旧富士で2回行われたあと、30年ぶり。自分はあの現場にいたひとりなので、感慨深いものがある。もともと“スピードウェイ”という名称がついているように、アメリカ指向のオーバルレースを意識していたのが路線変更され、超高速コースとして完成した。現在のニューレイアウトもF1サーキットとしてはメインストレートが最長となる1475mもある。あのイタリアGP・モンツァの約1.5倍だ。昨年9月デモ走行に来たF・アロンソも「ちょっと退屈なくらい長いね」という感想をもらしていた。そのストレートエンドの1コーナーでは昔もオーバーテイク・シーンが見られた。新富士でも見どころになる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 Football Sensation]欧州異変。 THE EUROQUAKE

関連記事

F1の前後の記事

ページトップ