SCORE CARDBACK NUMBER

仰天続きのIOC総会。その根本にある改革とは。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/08/04 00:00

 国際オリンピック委員会(IOC)の総会は毎年開催される。4年に1度行われる五輪とは比較にならないが、7月上旬にシンガポールで開かれた今回の総会は、連日テレビや新聞紙上をにぎわせた。

 2012年夏季五輪の開催地は、投票の結果、本命視されていたパリではなくロンドンに決定。実施競技も、残留確実と言われた野球とソフトボールが除外。続けて行われた新規採用競技でも有力候補だったゴルフと7人制ラグビーが最初の投票で敗れ、決選投票に残ったスカッシュと空手も規定通りの支持を獲得できず、ロンドン五輪での実施競技数は現行の28から26に減ってしまった。まさにどんでん返しの連続に、現地にいた報道陣は右往左往させられるはめになったが、当のロゲIOC会長は「民主的に重要な決定がなされた」と平然と言ってのけたという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ