SCORE CARDBACK NUMBER

グレート小鹿が演じた真夏の夜の「リア王」。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2008/08/27 00:00

グレート小鹿が演じた真夏の夜の「リア王」。<Number Web> photograph by Essei Hara

 この話、真夏の夜の夢ではなかった。四十数年来のわが友、グレート小鹿がシェイクスピアの悲劇「リア王」を熱演したのだ。何が起こっても不思議のない混迷のプロレス界にあって、私にとっては今年の10大ニュースのトップである。

 横浜がホームリングの大日本プロレスが北京五輪開幕前夜の8月7日、赤レンガ倉庫でプロレスと演劇を融合させた「リア王」の特別公演を行なった。

 何より舞台装置の背景がいい。ホールの窓からは港の灯り。大桟橋にはおりよく客船「にっぽん丸」が停泊中だった。ホール中央にリングが設置され、正面には蛍光灯が積み上げられた立派な祭壇。ステージにはリア王が陣取るイスが置かれ、重厚な雰囲気を醸しだしてくれる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック緊急速報]北京沸騰。

Sports Graphic Number 2008/9/3臨時増刊

[オリンピック緊急速報]
北京沸騰。

 

グレート小鹿
伊東竜二
エドマンド佐々木貴
大日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ