SCORE CARDBACK NUMBER

佐々木健介、前人未到の3大メジャー全制覇。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2008/09/25 00:00

 夏の終わりの9・6武道館決戦。十数発の豪腕ラリアットが新世代の波を封じ込めた。

 42歳の佐々木健介が29歳の王者森嶋猛に挑戦したGHCヘビー級選手権試合は、健介が145kgの森嶋を22分2秒、必殺のノーザンライトボムで沈め王座を奪取した。三沢ノアのマットも席巻した健介は、これでメジャー3大タイトル制覇というプロレス界初の偉業を成し遂げたことになる。

 今年の4・29全日本名古屋大会で諏訪魔に敗れ、3冠ヘビー級王座から転落。これを機に同世代のライバル小橋建太との戦いを楽しみにノアに乗り込んだ健介は、ニューウェーブの旗手・森嶋と激突。7・13博多スターレーンでは30分フルタイムドロー、健介が口を切り、森嶋は鼻血を流す激しい肉弾戦を繰り広げた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

佐々木健介
森嶋猛
モハメド・ヨネ
秋山準
プロレスリング・ノア

プロレスの前後のコラム

ページトップ