SCORE CARDBACK NUMBER

最後の無頼派レスラー、グレート草津氏を悼む。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2008/07/24 00:00

 ラグビー日本代表からプロレスに転向した大型の異能派レスラー、グレート草津さん(本名・草津正武)が6月21日、入院先の県立静岡がんセンターで多臓器不全のため亡くなった。66歳だった。

 草津選手(当時からそう呼んだ)との付き合いは'65年夏、杉山恒治(サンダー杉山)、斉藤昌典(マサ斉藤)と共に日本プロレスに入門した時から。よく飲み、よくもめたものだ。豪胆で頑固一徹、酒で命を縮めたとはいえ、鯨飲馬食が美徳とされた昭和の時代に、その名残をとどめた最後のサムライだった。喧嘩仲間がいなくなるのは寂しい。

 192cm、115kgの体格で100m11秒台の脚力を誇り、熊本工から八幡製鉄を経て、ラグビーから転向した第1号選手だ。'66年に日プロを退団して故吉原功設立の新団体、国際プロレスに移籍すると、その海外武者修行中にはカナダのプロフットボール球団、ブリティッシュ・コロンビア・ライオンズの2軍キャンプにも参加。テストには落ちたが、筆者の知る限り、当時の日本でアメリカンフットボールに挑んだパイオニアだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 460文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック総力特集]彼らが戦い続ける理由。
グレート草津

プロレスの前後の記事

ページトップ