SCORE CARDBACK NUMBER

北の大地で垣間見た、WRCのある風景。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2006/09/28 00:00

 馬齢五十を重ねると大概のことには驚かなくなるが、さすがに我が目を疑った。悪名高き道東自動車道を帯広から足寄へ向かって走っているときだ。対向車線にいかつい外観のラリー車がぞろぞろと走り来るではないか。しかも中には日本の車輛登録ナンバーを持ってはいない車輛が混じっている。世界ラリー選手権(WRC)第11戦、ラリージャパンの開催中だから当然と言えば当然なのだが、F1は来てもWRCが国内で開催されることなどありえないと長年にわたって信じてきたわたしにとっては、異次元の光景であった。

 よほどのモータースポーツマニアでない限り、9月初頭に我が国で世界選手権が開催されていたことなどご存じなかったのではあるまいか。F1などに比較するとラリーは少なくとも日本における一般認知度が低い。それどころか、これほどの自動車大国でありながらなぜか自動車そのものは凶器扱いされ続けている我が国にあっては、公道を使用するラリーは日陰者ですらあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ