SCORE CARDBACK NUMBER

最年少記録から6年。松田次生が帰ってきた。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2006/08/31 00:00

 「今度は天狗にならないようにしたい」と松田次生は繰り返した。フォーミュラ・ニッポン第5戦の入賞者記者会見でのことだ。今季、シリーズは開幕戦から第4戦まで悪天候に見舞われたが、第5戦は好天に恵まれた。予選、決勝ともドライコンディションとなり、決勝でチェッカー旗を受けた17台が全車同一周回という大接戦となった。その激しい闘いを制したのが伏兵、松田であった。

 松田は2000年、20歳にしてF・ニッポン第3戦で優勝し、国内トップフォーミュラ史上最年少優勝記録を打ち立て注目を浴びた。しかしその後の彼は優勝に見放され、そのまま6年の歳月が流れた。若手の注目株だった松田は、2勝目をあげられぬままいつしか中堅どころと数えられるに至った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ