SCORE CARDBACK NUMBER

センターバック育成に“身長制限”を。
~日本サッカー界が抱える課題~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasako Sueyoshi

posted2009/12/04 06:00

センターバック育成に“身長制限”を。~日本サッカー界が抱える課題~<Number Web> photograph by Masako Sueyoshi

177cmの内田達也。173cmの岡本拓也との小柄なセンターバックは世界を相手にどう戦うか

 センターバックの人材不足は深刻だ。先ごろのU-17ワールドカップを見ていて、改めて思い知らされた。

 日本は、最終的にこの大会で優勝するスイスを相手に2点を先制しながら、単純なロングボールに高さで競り負けて1点を返されると、これをきっかけにディフェンスが崩壊。“金星”を逃した。

 U-17代表のふたりのセンターバックは、177cmと173cm。いかにスピードや技術があったとしても、世界と伍するには、あまりにも小さすぎた。

 とはいえ、これが日本の現状である。

「サッカーに体の大きさは関係ない」。メッシなど、小柄な選手が多いバルセロナを例に引き、よく言われることである。だが、そのバルサでさえ、センターバックにはピケ(193cm)を据える。少しの例外はあるが、基本的に「センターバックは大きくなければダメ」なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国決定未知なる大陸を征服せよ!

関連記事

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ