SCORE CARDBACK NUMBER

'08年シーズンを変えるECUの共通化。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2008/03/13 00:00

 毎年、レギュレーションやルールが細かく変更されるスポーツは他には無いといっていい。新たなレギュレーションがニューマシン・コンセプトをチームに求め、テクニックの自己修正をドライバーに課し、レースそのものの流れを変えていく。そこにF1ならではのダイナミックな魅力があるのだと僕は思う。

 '08年シーズンでもっとも注目される新レギュレーションは、エンジンの“電子制御頭脳”であるECU(エンジンコントロールユニット)がFIAによって共通化されることだ。ECUは入札によってマクラーレン製のものに決定され、これを全チームが使用することになった。今までは独自に制御プログラムが組まれていたのだが、この変更でオフの間、各チームは対応に追われた。自社製のマクラーレンが必ずしも有利とは言い切れないものの、フェラーリなどは不満気だ。このワンメイクECU化でトラクションコントロールやエンジンブレーキコントロールなどが禁止され、それらの監視、管理は容易になる。実はこれがFIAの狙い。FIA側は今後チームの開発競争に歯止めをかけ、さらに統制力を強めたいと考えているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 426文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2008年の女子力。 The Girl's Power

Sports Graphic Number 699

2008年の女子力。
The Girl's Power

 

F1の前後の記事

ページトップ