SCORE CARDBACK NUMBER

グリフィーの600号が持つ
隠れた“意味”。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2008/05/29 00:00

グリフィーの600号が持つ隠れた“意味”。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 「このチームには向こう20年、センターはいらない。ヤツはとんでもない大物だ」

 当時就任したばかりのマリナーズの監督、ジム・ラフィーバー(現中国ナショナルチーム監督)は、19歳のケン・グリフィーの動きを見るなり興奮した口調でいった。'89年、スプリングトレーニング初日のことだった。

 その後チームは父親シニアがかつて所属していたレッズに、ポジションはライトに変わったが、グリフィーはメジャー20年目を迎えても依然としてチームの中心選手として活躍を続けている。史上6人目の通算600号にあと3本(5月12日現在)というところまで迫った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ケン・グリフィー・ジュニア
シンシナティ・レッズ

MLBの前後のコラム

ページトップ