SCORE CARDBACK NUMBER

J・オニールが見せた非情なまでの決意。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2006/01/26 00:00

 ジーンズにジャケット、ハンティング帽といういでたちでコートサイド席に座っていたレジー・ミラーは、試合の最初から最後までポーカーフェイスを崩すことはなかった。1月上旬、ロサンゼルスで行われたインディアナ・ペイサーズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦でのこと。試合終盤に古巣ペイサーズが3点差を追いかけて最後の攻撃をしかけたときだけは思わず席から立ち上がっていたが、その攻撃が空振りに終わりペイサーズが僅差でレイカーズに敗れ去ると、ポーカーフェイスのままアリーナを後にした。

 試合後のペイサーズのロッカールームでは、ジャーメイン・オニールが同じようなポーカーフェイスでこう言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[格闘進化論]覇拳。

Sports Graphic Number 645

[格闘進化論]
覇拳。

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ