SCORE CARDBACK NUMBER

疾風レーシングの躍進は、
エンジニアの意地の賜物。
~カワサキ撤退の副産物~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2009/06/17 06:00

疾風レーシングの躍進は、エンジニアの意地の賜物。~カワサキ撤退の副産物~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 モトGPクラスに参戦するチームとWGPを運営統括するドルナとの間には、参加する見返りとしてテレビ放映権料の分配金などを受け取る契約が存在する。今年の1月、契約期間内だったカワサキが撤退を決めた。もちろんドルナへの損害賠償は織り込み済みだったが、台数を減らしたくないドルナは損害賠償の手段としてカワサキに参戦を求めた。

 損害賠償としての参戦となれば、カワサキの名前は使えない。レース活動にかかわるすべての費用が損金扱いとなるために、一切PRが行なえないという制約も生まれた。プレスリリースも出せないチーム。レースファンにとってはカワサキのチームなのだが、カワサキとは関係のない形で、疾風(ハヤテ)レーシングが誕生した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯最終予選直前特集]勝利への提言。

関連記事

M・メランドリ
カワサキ
疾風レーシング

MotoGPの前後の記事

ページトップ