SCORE CARDBACK NUMBER

年末恒例、'09年シーズン
ベストアワード発表。
~今宮純によるF1総決算~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2009/12/16 06:00

年末恒例、'09年シーズンベストアワード発表。~今宮純によるF1総決算~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

鈴鹿での走りは初めてだったのにもかかわらず、日本GPをポール・トゥ・ウィンで飾った天才セバスチャン・ベッテル

 ひと言で総括すれば、今シーズンは、本来このスポーツが持つエキサイティングな魅力に欠ける内容であった。コース外でひっきりなしにスキャンダルが騒がれ、FIAの“政権交代”にまで発展した。参戦自動車メーカーは一時、別シリーズ構想も検討するなど、ファンを置き去りにした混乱が続いた。これらとは異なる次元で、8年間にわたって多額の予算を注ぎ込みながら、とうとう1勝もできなかったトヨタが11月に撤退を決断し、内外で反響を呼んだ。

 とまれ、恒例企画で締めくくろう。トップ10人はFIA選手権ランキングとかけ離れているが、年間を通じて与えられたマシンで渾身のドライビングを貫き、ミスを恐れず勇敢なレースを見せた者をセレクトした。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ジャンカルロ・フィジケラ
マーク・ウェバー
ジェンソン・バトン
ロス・ブラウン
セバスチャン・ベッテル
ロバート・クビサ
ニコ・ロズベルグ
キミ・ライコネン
小林可夢偉
レッドブル

F1の前後のコラム

ページトップ