SCORE CARDBACK NUMBER

「世代間格差」問題の前に
日本がやるべきこと。
~サッカー教育は進歩したか?~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasako Sueyoshi

posted2009/09/08 06:00

「世代間格差」問題の前に日本がやるべきこと。~サッカー教育は進歩したか?~<Number Web> photograph by Masako Sueyoshi

日本代表は対メキシコ戦、フランス戦ともに同点の末PKで競り勝ち2大会ぶりに優勝した

 若い選手にとって貴重な国際試合の場となる、毎夏恒例のSBSカップ。今年はホストの静岡ユース(県選抜)のほか、日本、フランス、メキシコの各U-18代表が出場して行われた。

 今回取材していて興味深かったのは、出場した海外2カ国のU-18代表監督が偶然、同じ話題に言及したことだ。

 テーマは「世代間格差」である。

「世代によって当たり外れはある。試合と同じで、勝つこともあれば、負けることもあるということだ」

 そう話したのは、フランス監督のフィリップ・ベルジェロである。ベンゼマ、ナスリ、ベンアルファらを擁して、'04年にU-17ヨーロッパ選手権を制した世代を引き合いに出し、「(今回来日した)この世代は飛び抜けているわけではない」と断じた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

勝利を掴む13の方法論あの人のノートが見たい。

関連記事

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ