SCORE CARDBACK NUMBER

短距離と高地トレ。為末大が挑む新領域。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/05/26 00:00

 心肺機能の強化を目的として行われる高地トレーニングは、今やマラソン界ではすっかりお馴染みだが、その効果は中長距離選手に限定されるというのがこれまでの定説だった。しかし、その常識を覆そうとしている選手がいる。400m障害の為末大(APF)だ。47秒89の日本記録を持つ為末は、今年2月15日から約1カ月間、米アリゾナ州フラッグスタッフで高地トレに挑戦した。今季初戦となった5月7日の国際GP大阪大会ではラスト20mで失速して4位に終わったが、今後どんな成果がもたらされるのか、陸上界全体が注目している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

為末大

陸上の前後のコラム

ページトップ