SCORE CARDBACK NUMBER

マラソンの女王、復活。そのたくましさと潔さ。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/05/12 00:00

 4年に一度の五輪は、あこがれの舞台を踏んだ選手たちに最大の喜びと深い失望感を与える。メダルを獲った選手はいつまでもその感激に酔いしれ、敗れた選手はどん底に突き落とされる。

 両者の差は、その後の人生を一変させるほどのインパクトを持つ。だが、もちろん人生はそこで終わりではない。特に敗れた選手にとっては、その敗北からどう立ち直るかが重要になってくる。

 女子マラソンの世界記録保持者ポーラ・ラドクリフ(英国)は昨夏のアテネ五輪で金メダル確実と見られていたが、結果はまさかの途中棄権。その衝撃は恐らく参加全選手の中でも随一だったと思うが、失意の女王は五輪3カ月後の昨年11月には早くもニューヨークマラソンに出場し、先月は思い出のロンドンマラソンに再挑戦した。10km手前から完全な独走態勢に入ったラドクリフは、34km付近で「おなかが痛くなった」ために突然立ち止まるアクシデントもあったが、頭を前後に振る独特のフォームで最後まで走りきり、自己3番目に当たる2時間17分42秒の好タイムでついに完全復活を果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 468文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超格闘争乱 ミドルの魂。In The Middle of Golden Battlefield

陸上の前後の記事

ページトップ