SCORE CARDBACK NUMBER

高橋尚子、復活の条件。“スタイル”から脱皮せよ。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/06/09 00:00

 女子マラソンの高橋尚子が、小出義雄・佐倉アスリート倶楽部代表との10年間にわたる師弟関係を解消した。突然の決別を惜しむ声は今でも多いが、一度こぼれた水はもう元には戻らない。今更なぜこうなったかを論じても無意味だろうし、すでに別々の道を歩み始めた二人にとっても本意ではないはずだ。だが、今の段階で一つだけ言えることがある。33歳で独立を選択した高橋の前途は、決して明るくはないということだ。

 高橋が最後にマラソンを走ったのが'03年11月の東京国際だから、すでにそれから1年半以上が経過したことになる。更に現時点で復活の目標にしているのは今秋の海外レースなので、最終的には2年近いブランクを抱える。加えて33歳という年齢もハンデとなる。高橋の手元には小出代表の指導を受けた10年分の練習メニューがあり、「練習面での不安はない」と本人は言うが、そう簡単にはいかないだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

高橋尚子

陸上の前後のコラム

ページトップ