SCORE CARDBACK NUMBER

パンクラスが再出発。
新たなブームを作れるか? 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2008/10/09 00:00

パンクラスが再出発。新たなブームを作れるか?<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 旗揚げから15年、パンクラスが大幅なリニューアルを果たす。まず東京の拠点だったP's LAB東京が自前の道場から大手の一般ジム内に移転する。これに伴い、道場2階にあった事務所も近々山手線沿いに引っ越す。フロントの人事異動もあるようだ。それを暗示するかのように、最近は今までNo.2だった坂本靖常務が表舞台で代表コメントを出す機会が多くなってきた。

 船木誠勝と鈴木みのるを2大エースにパンクラスが旗揚げした時のインパクトは強烈だった。まだPRIDEもスタートしておらず、K−1も産声をあげて間もない時代、プロレスラーが当たり前のように真剣勝負を繰り広げる空間は一種独特の緊張した空気に包み込まれていた。勝ち負けより、ガチンコをやるという生き方そのものが賞賛されたのだ。'90年代、間違いなくパンクラスは格闘技界の一流ブランドだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[阪神タイガース最強論]岡田の虎。

関連記事

近藤有己
北岡悟
鈴木みのる
パンクラス

格闘技の前後の記事

ページトップ