SCORE CARDBACK NUMBER

奇跡の復活を果たした小橋に伝えたいこと。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byMasashi Hara

posted2007/12/28 00:00

奇跡の復活を果たした小橋に伝えたいこと。<Number Web> photograph by Masashi Hara

 ノアの12・2日本武道館。腎臓ガンを克服した小橋建太(40)が546日ぶりに復活を遂げた。脳梗塞から再起した高山善廣をパートナーに、三沢光晴、秋山準組とタッグマッチで激突。小橋は三沢の必殺技エメラルド・フロウジョンの前に27分7秒、体固めでフォール負けを喫したが、勝敗抜きに1万7000人の観客がそのリング帰還を歓喜で祝った。

 武道館が地鳴りするような振動を感じたのは、私の知る限り、同会場でプロレス初開催となった'66年12月3日、インターヘビー級王者ジャイアント馬場vs“鉄の爪”フリッツ・フォン・エリックの歴史に残る決戦以来のこと。当時も会場は超満員、主催の日本プロレスの発表では1万4500人の観衆が詰め掛けていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本サッカー]オシムの刻印。

Sports Graphic Number 694

[日本サッカー]
オシムの刻印。

 

小橋建太
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ