SCORE CARDBACK NUMBER

テニス界における五輪の位置づけに変化。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2007/03/08 00:00

テニス界における五輪の位置づけに変化。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 あと1年5カ月もすれば、また夏季五輪の季節がやってくる。五輪担当記者をやっていると、冬季五輪もあわせ、2年や4年ごとのサイクルに体がなじんでしまう。もちろん、日常の業務に手を抜くわけではないが、五輪が近づくにつれ取材や出稿量は必然的に多くなり、多忙となるサイクルがすっかり染みついてしまったようだ。五輪より4大大会に重きを置くテニスの世界でも、このサイクルが少しずつ認識され始めている。

 1月の全豪期間中に、日本のエースである杉山愛が、北京五輪への思いを初めて口にした。31歳という年齢を考えれば、現役である時間は残り少ない。これまで「1年、1年が区切り」と話してきたように、五輪に関しても「先のことは考えられない」と、昨年までは明言を避けてきた。しかし、年頭のオーストラリア遠征で、その心境に変化が起きたようだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 565文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[松坂大輔 メジャー上陸]覚醒する怪物。
杉山愛

テニスの前後の記事

ページトップ