SCORE CARDBACK NUMBER

輝かしく花開いた、天才少女・池田久美子。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/07/24 00:00

 陸上の日本選手権(6月30日〜7月2日・神戸)が終了した。池田久美子(スズキ)と花岡麻帆(office24)の対決が注目された女子走り幅跳びは、6m75の池田が6m60の花岡を破って2年ぶり3度目の優勝を飾った。池田は5月3日の静岡国際で6m75を跳び、来年の世界選手権(大阪)参加標準記録Aを突破。5月6日の国際グランプリ大阪大会では6m86の日本記録を樹立するなど、まさに絶好調の状態が続いている。

 山形の酒田三中時代に6m19を跳び、天才少女と騒がれた池田。その後伸び悩んだ時期もあったが、ここ数年は順調に記録を伸ばしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final
池田久美子

陸上の前後の記事

ページトップ